メール 神奈川不動産相談協会
不動産相談室神奈川 神奈川不動産相談協会
リンク集 神奈川不動産相談協会
サイトマップ 神奈川不動産相談協会
不動産相談室"かながわ"では神奈川県を中心として不動産に関する正しい知識の啓蒙活動や
不動産の諸問題の解決に向けて具体的なアドバイスをしています。
専門の不動産コンサルタントスタッフが不動産問題でお困りの方の相談に親身になってお応えします。
不動産相談室かながわのプライバシーポリシーはこちら

Copyright(C)2008 LLP神奈川不動産相談協会. All rights reserved. 
不動産相談室神奈川 神奈川不動産相談協会
NPO法人相続アドバイザー協議会
不動産コンサルティング中央協議会
財団法人不動産流通近代化センター
IREM JAPAN 米国不動産管理協会日本支部
不動産相談室“かながわ”
神奈川不動産相談協会
〒231-0014
横浜市中区常盤町3-24
サンビル5階
電話:045-309-6115
FAX:045-633-2676
10:00〜18:00
定休日
 毎週水曜・日曜・祝日

アクセス 神奈川県不動産相談協会

ご相談される方へ 神奈川県不動産相談協会

ご相談の事例 神奈川県不動産相談協会

相談員の紹介 神奈川不動産相談協会

不動産相談室かながわ 神奈川県不動産相談協会

不動産相談室かながわ 神奈川県不動産相談協会

不動産の購入 活用
Q9.建売住宅を購入したが、欠陥住宅のようで何とかして欲しい
■状況
先月、新築の建売住宅を購入しました。引越後に気づいたのですが2階の床が少し傾いているようです。建築中に契約をして決済後引渡しの点検ということで仲介している不動産業者の方と建物をチェックしたのですが、あまり詳しく調べなかったので、その時は気づきませんでした。不動産業者の方に相談したのですが、対応が悪く、話がなかなか先に進みません。最近では2階のドアが自動的に閉じるようになりました。これから、ほかにもこのような欠陥があるのではないかと毎日不安でゆっくり眠ることもできません。早く解決するためにはどのようにしたらよいでしょうか?
■この場合の解決のしかた
この場合、やはり構造等に問題があるのではないかと思われます。売主の不動産業には瑕疵(かし)担保責任というものがあります。不動産業者の対応を良くするには県庁の宅建指導班に相談をして、行政からの指導をしてもらうべきでしょう。床が傾いているということは生活の面からも体に影響がする可能性があります。原因を早急に調査してもらい、業者の責任をはっきりさせ改善する必要があります。
■ポイント
今回は引越した後に発覚したために生活をしながら対応しなければならないという精神的な部分もありますのでなるべく早めに解決することが大切です。不動産業者には仲介の場合と自ら売主である場合がありますが、今回の場合は、売主と直接話をするべきでしょう。
■早めに相談していれば・・・
建築をチェックする時には、専門家が一緒に調査していれば防げたかもしれません。設計図と現場作業との違いにより欠陥住宅になるケースがほとんどですので、できれば建築前の更地〜基礎〜上棟〜各木工事等と第三者の目からチェックすることでしょう。

相談事例の一覧へ