メール 神奈川不動産相談協会
不動産相談室神奈川 神奈川不動産相談協会
リンク集 神奈川不動産相談協会
サイトマップ 神奈川不動産相談協会
不動産相談室"かながわ"では神奈川県を中心として不動産に関する正しい知識の啓蒙活動や
不動産の諸問題の解決に向けて具体的なアドバイスをしています。
専門の不動産コンサルタントスタッフが不動産問題でお困りの方の相談に親身になってお応えします。
不動産相談室かながわのプライバシーポリシーはこちら

Copyright(C)2008 LLP神奈川不動産相談協会. All rights reserved. 
不動産相談室神奈川 神奈川不動産相談協会
NPO法人相続アドバイザー協議会
不動産コンサルティング中央協議会
財団法人不動産流通近代化センター
IREM JAPAN 米国不動産管理協会日本支部
不動産相談室“かながわ”
神奈川不動産相談協会
〒231-0014
横浜市中区常盤町3-24
サンビル5階
電話:045-309-6115
FAX:045-633-2676
10:00〜18:00
定休日
 毎週水曜・日曜・祝日

アクセス 神奈川県不動産相談協会

ご相談される方へ 神奈川県不動産相談協会

ご相談の事例 神奈川県不動産相談協会

相談員の紹介 神奈川不動産相談協会

不動産相談室かながわ 神奈川県不動産相談協会

不動産相談室かながわ 神奈川県不動産相談協会

借地・借家
Q7.土地を貸しているが返して欲しい・・
■状況
父親の代から貸している土地があります。地代も安く、一方固定資産税等の負担が大変になってきています。借地人の方から返してもらえる良い方法はないでしょうか?
■この場合の解決のしかた
借地は借地借家法という法律で、借りている人に非常に有利になっています。借地人の方から地代もきちんと支払われている状況に有れば「返してくれ」という事は言えません。この場合には次の点が考えられます。
@ 借地人の方に底地を買ってもらう。
A 借地人から借地権を買い取る。
但し、いずれも、相手のいる事なので上手な交渉が必要です。
■ポイント
現行の借地借家法では、一度土地を賃貸すると最低30年は貸さなくてはなりません。また、期日が満了しても、借地人の家が土地の上に存在し借地人が使用を望めば、よほどの理由がない限り借地権は更新されます(20年間)。ですから、なかなか返してもらうのは難しいのが現状です。
個人で動いてもなかなか、話はまとまりませんので、専門家のアドバイスを受け具体的に借地権者の方との話し合いを進めるべきでしょう。
■早めに相談していれば・・・
人で悩んでいても、話は進みませんので、なるべく早めに専門家に相談して、交渉を進めることしかありません。
ただし、土地を貸す前であれば、期限がきたら確実に返してもらえる事を前提にした特殊な借地権を活用することができます。これは一定の年数がきたら、更新がない代わりに建物を買い取ってあげる事をあらかじめ約束して貸す(建物譲渡特約付借地権)や、当初から50年以上の期間を設定して貸す代わりに期日がきたら更新がない約束で貸す(長期定期借地権)などです。

相談事例の一覧へ