メール 神奈川不動産相談協会
不動産相談室神奈川 神奈川不動産相談協会
リンク集 神奈川不動産相談協会
サイトマップ 神奈川不動産相談協会
不動産相談室"かながわ"では神奈川県を中心として不動産に関する正しい知識の啓蒙活動や
不動産の諸問題の解決に向けて具体的なアドバイスをしています。
専門の不動産コンサルタントスタッフが不動産問題でお困りの方の相談に親身になってお応えします。
不動産相談室かながわのプライバシーポリシーはこちら

Copyright(C)2008 LLP神奈川不動産相談協会. All rights reserved. 
不動産相談室神奈川 神奈川不動産相談協会
NPO法人相続アドバイザー協議会
不動産コンサルティング中央協議会
財団法人不動産流通近代化センター
IREM JAPAN 米国不動産管理協会日本支部
不動産相談室“かながわ”
神奈川不動産相談協会
〒231-0014
横浜市中区常盤町3-24
サンビル5階
電話:045-309-6115
FAX:045-633-2676
10:00〜18:00
定休日
 毎週水曜・日曜・祝日

アクセス 神奈川県不動産相談協会

ご相談される方へ 神奈川県不動産相談協会

ご相談の事例 神奈川県不動産相談協会

相談員の紹介 神奈川不動産相談協会

不動産相談室かながわ 神奈川県不動産相談協会

不動産相談室かながわ 神奈川県不動産相談協会

不動産の有効活用
Q6.使っていない土地を有効活用したい。
■状況
父が30年ほど前に購入した地方の土地を有効活用したいと思っています。新幹線の駅から10分程度で歩ける距離ですので、ワンルームマンションやアパート経営などはどうかと思っています。アドバイスお願いします。
■この場合の解決のしかた
まず、その土地が何の用途に向いているかを調べる必要があります。首都圏を除いては、賃貸需要は将来が期待できる地域ばかりではありませんから、不用意にアパートやマンションの建築を行なうと失敗する恐れがあります。十分な市場分析を行なったうえで判断することです。場合によっては売却することも視野に入れて、検討されるとよいでしょう。
■ポイント
すでに所有している土地を有効活用することにこだわってしまい、どんどん迷路にはまっていくケースが良く見られます。基本的に利用していない不動産は保有コストがかかってしまいますので、資金的に余裕の無い方は、早めに売却することを検討するべきでしょう。
■早めに相談していれば・・・
この方の場合も行動を起こす前にご相談いただけましたので、失敗を避けることができました。仮に、賃貸住宅の建築を行なった場合、毎月数十万円の赤字が発生していたことも考えられます。また、その後に改めて売却した場合にも更地で売ったほうが高かったということになっていたでしょう。

相談事例の一覧へ