メール 神奈川不動産相談協会
不動産相談室神奈川 神奈川不動産相談協会
リンク集 神奈川不動産相談協会
サイトマップ 神奈川不動産相談協会
不動産相談室"かながわ"では神奈川県を中心として不動産に関する正しい知識の啓蒙活動や
不動産の諸問題の解決に向けて具体的なアドバイスをしています。
専門の不動産コンサルタントスタッフが不動産問題でお困りの方の相談に親身になってお応えします。
不動産相談室かながわのプライバシーポリシーはこちら

Copyright(C)2008 LLP神奈川不動産相談協会. All rights reserved. 
不動産相談室神奈川 神奈川不動産相談協会
NPO法人相続アドバイザー協議会
不動産コンサルティング中央協議会
財団法人不動産流通近代化センター
IREM JAPAN 米国不動産管理協会日本支部
不動産相談室“かながわ”
神奈川不動産相談協会
〒231-0014
横浜市中区常盤町3-24
サンビル5階
電話:045-309-6115
FAX:045-633-2676
10:00〜18:00
定休日
 毎週水曜・日曜・祝日

アクセス 神奈川県不動産相談協会

ご相談される方へ 神奈川県不動産相談協会

ご相談の事例 神奈川県不動産相談協会

相談員の紹介 神奈川不動産相談協会

不動産相談室かながわ 神奈川県不動産相談協会

不動産相談室かながわ 神奈川県不動産相談協会

トラブル処理
Q17.土地を購入したが説明と違うので契約を解除したいが・・・
■状況
総面積600u程度の開発(全部で6区画)の分譲地内の土地を2区画契約しました。 当初、分譲前にデベロッパーは「住宅のみで飲食店などのお店には売らない」といっていたのですが、私の購入する土地の隣の広い道路に面している2区画をまとめてファーストフードのようなお店に売却していたことがわかりました。こちらは閑静な宅地として日当たりを考えて無理して2区画の購入を決めましたので隣に不特定多数の出入りの激しいお店が出来るということで当初の約束と違うので契約を解除したいと申し出たところ、解除はできないと一方的に返事がありました。私としては裏切られた気分で信頼関係は壊れたと思っています。契約の解除の進めかたを恐縮ですがご教授いただけると幸甚です。よろしくお願いいたします。
■この場合の解決のしかた
契約を解除したい旨の理由と要望を文書にて相手方に伝え、意思表示をする必要があります。相手方の出方によっては裁判になる可能性がありますので、後で言った、言わない、などと堂々巡りにならないよう言動を記録しておくことが必要だと思われます。今回ような悪質なケースは初めから法律の専門家に相談しアドバイスを受けたほうがよいでしょう。
■ポイント
契約書・重要事項説明書・打ち合わせ等をしたのであれば当時のメモなど証拠書類が重要になります。相手方の主張次第では手付金が戻ってこないケースも考えられます。慎重に事を運ぶことが大切です。
■早めに相談していれば・・・

契約前にこの地域がどのような用途地域なのか建蔽率・容積率・制限法令など法律的にどうなのか調査をする必要があったのではないでしょうか。今回の売主が飲食店などに売らなくても、飲食店が建てられる地域であれば将来転売された後建設されることも考えられます。色々なことを想定して購入を検討してください。


相談事例の一覧へ